SONY CFS-7 分解メモ

ヤフオクで落としたCFS-7。
いまいちな症状

  • ボリュームが絞っているのに最大になったり、ガリガリする

とりあえず分解してみようと思ったけど、サービスマニュアルが無いし。
(ebayで5000円位で売ってるw)とりあえず分解のて手順が分かったところをメモ。
※ これを見て分解する場合、自己責任となります。

準備

  • ツマミはすべて外す
  • チューニングダイヤルはインジケーターが右端に来るまで回しておく(結構重要)
  • AM SENS は「Hi」にしておく(結構重要)

大雑把な分解の手順

  • ケースねじ外す
  • スピーカーグリル外す
  • 上部操作面を外す
  • メカ、基板一体ユニットをケースから取り出す

ケースねじ外す

  • 背面にある⇒でしるしの付いたねじを6本外す
  • カセットの蓋をEjectした上の所にある⇒印のねじを外す

スピーカーグリル外す

  • スピーカー面を浮かせながら下にスライドさせるようにして外す(スピーカー側と本体のケーブルはある程度余裕がある)ちょっとキツイ感じなので、どれぐらい力を入れても大丈夫かはやってみないと分からない。

上部操作面外す

  • 上部操作面を固定している正面のネジ 4本を外す
  • チューニングインジケーター右側のプーリーに掛かっている糸を外す
  • チューニングインジケーターに掛かっている糸を外す
  • 上部操作面は背面側に引っ掛けがあるので、背面側にあまり力を掛けないようにして、手前側を上に5mm-1cmほど上げると背面側の引っ掛けが外れ取り外しができる

メカ、基板一体ユニットをケースから取り出す

  • 正面右下のAM SENS SWを固定しているネジを外す
  • AM SENS SWを外す
  • 右側を先に手前に出してケースから基板、メカ部分が一体になったユニットを取り出す
  • この時、左のハンドル固定部へグランドの線がつながっているので、少しずらした状態で、ハンドル固定ねじを外す
    • 注意:ハンドル固定ねじを外した時、半透明のプラワッシャをきちんと取っておくこと(無くしやすい)

分解を進めてみると、VRの所でランドの間に引っかき傷があった。どうやら絞ってもボリュームが最大になってしまうので、どこかが短絡していると思って、ランドの間を引っかいてみたんだろうか。引っかくといってもカッターで傷をつけている感じ。
VR以外の所に問題があるかと思って、基板の裏の腐ったスポンジを取り去ってみたが、現象は変わらなかった。もうVRの分解清掃しかないかな。

ターゲットのVRは2連だけど水平に2連のタイプ。原理的にスライドVRと同じ。
こちらのような感じになっているのかなと。
どうやらボリュームが最大になったままというのはよくあるっぽい。
http://radio-days-air.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/icf-4900-b91c.html
http://imagine999.com/?p=4856

サンハヤト社の接点クリーナー、接点復活王というのを購入。VRをハンダ吸い取り器、吸い取り線を使って取り外し、
VRのツメを曲げて分解、接点、抵抗膜側共に、接点クリーナーを綿棒に付けて清掃、接点復活王を薄く塗布。
VR組み立て、ハンダ付けし直し。
これでガリもボリューム調整も問題なくなった。ちょっと気になるのはトーンコントロールをまわすと左右で微妙に
聞き方が違う感じ。経年変化ということにしておこう。

さて、ここまで来たら次はデッキ部分。この時点でPLAYボタンを押してもリール軸が回ったり、止まったり。
CFS-10修理のブログを参考にさせていただくと、アイドラについているゴムの劣化の可能性が高そう。
メカ部分が似ているということからΦ18(アイドラ用)、Φ45(フライホイール用)、Φ70(カウンター用)
それぞれ 太さ1.2mmのもの。
を千石の本店2Fで購入。1本150円ぐらいかな。
とりあえず開けてみるが、よーく観察するもアイドラに到達する自信を無くす。
あと、カウンター用のベルトはΦ70では大きすぎるのと、太さも1.2では太い。Φ60かΦ65でもう一段階細いものが合いそう。

CFS-10修理ブログを思い出すと、確かPAUSEボタンを外すと書いてあった。

PAUSEボタン取り外し

  • 操作ボタンの全面プラ部分を注意深く浮かせながらボタンを外す(恐らく曲げすぎると折れてアウト。)
  • PAUSE機構の金属板に掛かっているバネをラジペンなどでたわめて外す
  • PAUSE機構が押し込まれた状態で下側にストッパーのようなプラ部品があるので、それをそっと押し込む
  • PAUSE機構が通常より下に押し込まれて手前に外れる

ピンチローラーがついている金属部品があり、PAUSE機構自身は完全に外れないが手前に浮かせることが
できるようになる。

アイドラ取り出し

  • アイドラ軸に掛かっているバネをたわめて外す
  • アイドラを抑えている黒いプラのパーツを左側からゆっくり浮かせる(これまた折れたらアウトなので慎重に)
  • アイドラパーツが左側から取り出せる。
  • アイドラゴム交換

余りに大変だったので、写真を撮るの忘れた。

元のアイドラに掛かっているゴムベルトは断面が正方形ではなく、少し扁平なものかもしれないが、とりあえず
1.2の角ベルトを装着。

次はメインベルト

デッキメカユニット取り外し

  • デッキ正面のメカ固定ねじ(自分の入手したものは黒い色のねじ2本とメッキ色1本の3本)を外す。
  • 電池ボックス側(背面)部分にあるねじ 2本を外す
  • チューナーの糸をレベルメーター横のプーリーの2つ分だけ外す
  • ヘッドに繋がるシールド線が何か所か固定されているので、丁寧に外す(私は全部ではなくデッキ右下位まで外しました)
  • ゆっくり右側から手前に動かしてはすします

全部分解して戻す自信が無かったので、なんとかねじを緩めて交換にチャレンジ

メインベルト交換

  • まず今のベルトがどのように通っているかを観察、写真を撮っておく
  • デッキのメカユニットとベースの金属板を固定しているネジ3本(2本はマイナス、1本はプラス)を「緩める」
  • メカの黒いプラベースと金属板に隙間ができるので、頑張ってフライホイールに掛かっている劣化したベルトを外し、新しいベルトを掛ける
  • まず、フライホイールにベルトを掛ける(先にモーター側のプーリーに掛けると、フライホイール側に掛けるのが難しい)
  • 横からベルトを少し引っ張って、元ベルトが通っていたプラ部分にかるく掛ける
  • 少しねじを締める
  • モーター側のプーリーにベルトを掛ける

これでフライホイール側のメインベルト交換終了

カウンター部分のベルトはそれほど難しくないが、どうやらCFS-10よりCFS-7はこのベルトが短い模様。
Φ70では長すぎる、Φ65か60、あと細さも1.2ではなく0.9かな?の方が良さそう。

これでとりあえずリールは回るようになった。
適当なテープで録再してみたが、音がヨレヨレ(細かいフラッターが酷い)の状態。これだけでは無理なのかー。
後は

  • 全部ボタン操作が重い(→過去にCRC556とかぶっかけられた?)
  • FFWD、REWがロックされない

といった不具合もあるのですが、理想的にはデッキ部分の分解、清掃、注油という作業が必要そうなので、ちょっと小休止。

作り方

  1. 玉ねぎを透き通るまで炒める
  2. 鶏肉、トマトを投入、火が通るまで軽く炒める
  3. カレー粉投入、軽く炒める
  4. 水、コンソメ、新生姜汁を入れる(ひたひたより少し少な目)
  5. 少し煮たら、牛乳を入れる
  6. 刻んだ新生姜を入れ、塩、コショウ、砂糖で味を調える
  7. 好みで食紅を水で溶いて少しだけ入れる

※新生姜汁が入っていると、塩味、酸味が結構あるので、味見して調整しましょう。

材料

タメーリック抜きのカレー粉は、ギャバンスパイスのカレー粉キットからターメリックを抜くと簡単に作れます。
うちはホールで買ってきてカレー粉を作るとき、少し分けて作られていました。
手作りのカレー粉セット
https://www.amazon.co.jp/GABAN-%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%B3-%E6%89%8B%E4%BD%9C%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E7%B2%89%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-%E8%A2%8B-100g/dp/B005PTT9M6

岩下の新生姜カレーのレシピ

もちろんオリジナルは 新生姜ミュージアムのメニューなのですが、カミさんが勝手にインスパイヤされて作ってくれました。
元:http://iwashita.co.jp/news/170501_pinknewgingercurry/
http://iwashita.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/04/pinkgingercurry.jpg

ツイッターに書きましたが、少しまとめて書きます。
岩下の新生姜の酸味と辛さが病みつきになるうまさ。
一度お試しください。

MIYABI Freetel にストラップホールを付けよう!

Freetel のMIYABI を買ったのですが、ストラップホールも無く、ストラップホールがある
ケースもまだ販売されていません。

ストラップと私

今まで L-04C を使っていたのですが、これもストラップホールが無かったため、ネジのひとつをゆるめ、
小さいダブルリングをはさんでストラップホールにしていました。(ネジはYネジでした)
Android 2.2というもはや石器時代のようなOSではもう色々なアプリもアップデートするたびに
動かなくなっていき、キーボードもくたびれてきました。

新端末購入

そこでようやくFreetelの新端末が出たということで購入。
でも、またストラップホールがありません。

昔の端末が小さくてしかもラバー仕上げのケースを付けていたこともあり、持ちやすかったのに比べ、
MIYABIはサイズも大きく滑りやすい感じ。
紐を付けていないと心配な私としては、すぐにストラップが欲しいところ。

まずレンチ

まず必要なのが、ネジを回すレンチ。
これはトルクスレンチのT5を用意しましょう。ホームセンターとかAmazonで購入できると
思います。私はケイヨーデーツーで購入。

「トルクスレンチならAmazonamazon::トルクスレンチ

第一段階

まず、家にあった透明のナイロン糸を左下のネジをはずしはさんで見ました。
カミさんの「結構切れやすい」という情報もあり、2-3日でプチっと切れました。

第二段階

ストラップなしは心配でいけないので、とりあえず今までのストラップの紐部分を
むりやりネジではさむ。
そしてふたが左下だけ閉まらないw
むむむ。

いいもの発見!

細くて強い糸。。。。。。

これです。これ。ケブラー!
http://www.td-net.co.jp/kevlar/index.html

この糸のデイパックは背負っていると服が破けるというあのケブラーですよ。
「ケブラーならアマゾン」amazon:ケブラー
ということで、いろいろ売ってました。
あまりたくさん使うわけではないので、とりあえずサンプルというのを
買ってみました。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00A7KBL06/ref=sr_ph?ie=UTF8&qid=1445437860&sr=1&keywords=%E3%82%B1%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%BC

とりあえず、0.25mmの一番細い撚り糸を縛ってループを作り、
ネジではさんで止めて見ました。
これならバックカバーも閉まりますw

撚り糸の太さ毎に10cmづつだったので、半分にして5cmで結びました。
普通のはさみでは切れないということだったので、私はニッパで切断。
問題なく切れました。

また結び目を作るのが結構難しいです。私がケチって糸が短かったので、
余計に大変でした。反作用ピンセットと普通のピンセットを駆使してようやく
縛れました。普通の糸より硬いので結びにくいです。
挑戦される方は辛抱強くがんばってください!

MIYABI でストラップを付けたいという方への情報でした。
ご参考まで!

CASIO SA-21 Key matrix

PadをMidiでたたきたいので調べてみた。
こちらを参照> http://casperelectronics.com/images/finishedpieces/Casio%20SA/schematic.JPG

Scan24,23以外は想像。多分他のSAと同じだろう。たぶん。


SA-21
KeyMatrix

OKI M6378-11
Scan 
30	K8	K7	K6	K5	K4	K3	K2	K1
29	K16	K15	K14	K13	K12	K11	K10	K9
28	K24	K23	K22	K21	K20	K19	K18	K17
27	K32	K31	K30	K29	K28	K27	K26	K25
26	Sel	Vol+	Temp+	Tone4	Tone3	Tone2	Tone1	Tone0
25	Vol-	Temp-	Stop	Tone9	Tone8	Tone7	Tone6	Tone5
24	DemoA	DemoB	DemoC	DemoD	DemoE	PadCH	PadSD	PadBD
23							PadCB	PadOH
	|	|	|	|	|	|	|	|
Read	|	|	|	|	|	|	|	|
18	-	|	|	|	|	|	|	|
17	---------	|	|	|	|	|	|
16	-----------------	|	|	|	|	|
15	-------------------------	|	|	|	|
14	---------------------------------	|	|	|
13	-----------------------------------------	|	|
12	-------------------------------------------------	|
11	---------------------------------------------------------

三升漬

少し前に、青森の知人を訪ねて行ったとき、ホテルの朝食で「いかの三升漬」が出て、(朝からこんなうまいもんおかずに出すなよww)と思いました。
で、いろいろ調べて見ると、もともとは北海道で作られていた調味料で、しょうゆ、こうじ、青唐辛子を1升づつ漬けて作るもの。ということでした。
青森で食べたのはイカを三升漬にさらに漬けたものという感じでした。

今回は手軽に

  • 麹(みやここうじ 四角型 200g)
  • しょうゆ 3カップ
  • 輪切り唐辛子 25g
  1. 袋入りの麹をよく揉み解してばらばらにしておく
  2. 密閉容器(タッパーみたいなやつ)にしょうゆと麹、唐辛子をいれる

レシピを見ると室温放置が多いようなので、ちょっと放置してみようと思います。